日本語にない末子音を克服するコツは?

タイ語を発音するときになかなかマスターできないのが末子音。声調や有気音・無気音と並んで日本人にとっての難関といえるでしょう。

末子音とは、単語などの最後に母音がくっつかず子音だけで終わるときのその子音のことです。
母音と子音が常にくっついている日本語に慣れた日本人はこの末子音が苦手という人が多く、末子音が違うとぜんぜん別の単語になってしまうことがよくあるタイ語を話すときに苦労しているようです。
英語が多少できる人なら末子音を発音するコツがわかると思いますが、タイ語の末子音は英語よりも短く、口の形を作るだけでぜんぜん発音しないことも。

たとえば、「ナッ(プ)」は「数える」、「ナッ(ト)」は「約束する」、「ナッ(ク)」は「~の人」という意味ですが、日本人には全部「ナッ」と聞こえてしまいます。
しかし、だからといって「ナップ」と発音してしまうと母音がくっついてきてしまい、タイ人には何のことかさっぱりわからなくなってしまいます。

「P」の末子音を発音するコツは、上下の唇をしっかり合わせて口を閉じること。
「K」や「T」の末子音は、その音を発音しかけて口の形を作ったところで止めるようにします。
一番効果的なのはタイ人をつかまえて「数える」「約束する」「~の人」の3つをはっきり発音してもらい、口の形に注目しながら聞いた後に真似して発音してみて「今のはどう聞こえた?」と確認すること。
末子音をマスターするとタイ語がみるみる通じるようになり、話すのが楽しくなりますよ。

合わせて読みたい

Ads By Google

PR

住宅ローンの安全な組み方
みんなが迷う住宅ローンの安全な組み方について指南します。
一人暮らしの極意
初めて一人暮らしをする時に役立つ知恵やアドバイスをまとめたサイト。
アメリカってドンナトコ?
アメリカ生活の体験記。日本との違いについてまとめたサイト
▲ページの先頭へ戻る