目標設定で上達スピードアップ!

タイ語を学習しよう!と決意したら、まず大切なのは自分の目標を設定することです。
ロングステイヤーやリタイア組ならとにかく日常会話や身の回りのことができればOKでしょう。

文字を覚えるのは大変だから会話だけでいい、という人ももちろんいるでしょう。
留学生ならタイ語検定や、タイの小学校を卒業したと同程度のタイ語力が認められる「ポーホック」が目標になります。
タイの文化や文字を研究するなら専門用語も含んだ高度なタイ語力が必要になります。

私は、タイ語が何もわからない状態で日本語教師として赴任したので、まずは授業で使う日本語をタイ語で説明できるように努力することから始めました。
そのときの目標は、自分が教える範囲の日本語を全部タイ語で言える、ということ。
最初は挨拶からだったので「おはようございます」「はじめまして」「ありがとう」など全部タイ語の辞書で調べ、テキストにタイ文字で書き込んで、日本語と一緒に見よう見まねでホワイトボードに書くようにしました。

タイの人たちは親切で気さくなので、もし私が書いた文字や書き順が間違っていれば「間違ってるよ、こうだよ」という風に教えようとしてくれたので、大変勉強になりました。

ロングステイヤーの場合は、まずは食堂や美容院など、日常生活で必要なお店のタイ語メニューが読めるようになること、などを目標にしても良いかもしれませんね。お店の人に尋ねるときっと親切に教えてくれますよ。タイの人は外国人、特に日本人が大好きですからね。

合わせて読みたい

Ads By Google

▲ページの先頭へ戻る