あいさつ言葉「サワディー」からはじめよう

タイ語学習を始めるにあたって、まず何から手をつけたら良いの?とよく聞かれます。
まず、タイ文字一覧表や練習帳を買ってきて、一文字ずつノートに練習することから始めては、いつまでたっても喋れるようにはなりませんよね。

最初に覚えたいのは、やはり「サワディー」という挨拶。
日本語の挨拶と違って朝でも昼でもバイバイするときでもいつでも使える便利な言葉です。

男性なら後ろに「カッ(プ)」。女性なら後ろに「カー」を付けるを忘れずに。
さて、ここでポイントになるのが、ノートやメモ帳に「挨拶=サワディー」とカタカナでメモするだけではなく、「挨拶=สวัสดี」のように見よう見真似でも良いのでタイ文字で書いてみることがコツ。

その際にタイ文字の対応表などを見て、ส=S、ว=w のように1文字ずつアルファベットに分解して読み方を書いておきましょう。
そして、「あぁ、สวัสดี=sawasdee=サワッディーになるんだ」と納得できればタイ語上達の第一歩です。

合わせて読みたい

Ads By Google

▲ページの先頭へ戻る